障害福祉サービス のんきじるし

料金表

提供するサービスの料金とその利用者負担額について

提供するサービスについて、厚生労働省の告示の単価による利用料が発生します。

利用者負担は現在、サービス量と所得に着目した負担の仕組み(1割の定率負担と所得に応じた負担上限月額の設定)となっています。

定率負担、実費負担のそれぞれに、低所得の方に配慮した軽減策が講じられています。

 

※障がい福祉サービスの定率負担は、所得に応じて負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。

 

負担上限月額等に関する詳細については、お住まいの市町村窓口までお問合せください。

 

利用料金は、次表のとおりです。※1回あたりの金額です

利用料金=単位×10.36(円)

実際にお支払いいただく料金は介護保険の負担割合に準じますので、お手元の負担割合証をご確認ください。

 

居宅介護

提供内容 30分未満 30分以上1時間未満 1時間以上1時間30分未満 1時間30分以上2時間未満
身体介護 248単位 392単位 570単位 651単位

 

提供内容 30分未満 30分以上1時間未満 1時間以上1時間30分未満 1時間30分以上2時間未満
家事援助 102単位 148単位 191単位 231単位

 

重度訪問介護

 

基本部分 重度障害者等の場合 障害支援区分6
該当する者の場合

 ロ以外の障害者に提供した場合

 

 病院等に入院または入所中の障害者に提供した場合

1時間未満 184単位 15100 8.5100
1時間以上
1時間30分未満
274単位
1時間30分以上
2時間未満
365単位
2時間以上
2時間30分未満
456単位
2時間30分以上
3時間未満
548単位
3時間以上
3時間30分未満
638単位
3時間30分以上
4時間未満
730単位
4時間以上
8時間未満
815単位に30分を増すごとに
85単位
8時間以上
12時間未満
1,495単位に30分を増すごとに
85単位
12時間以上
16時間未満
2,170単位に30分を増すごとに
80単位
16時間以上
20時間未満
2,816単位に30分を増すごとに
+86単位
20時間以上
24時間未満
3,498単位に30分を増すごとに
+80単位

 

<その他>
*イの場合、喀痰吸引加算1人一日当たり100単位を加算
*ロの場合、90日以上利用減算×80/100​

移動介護
加算
1時間未満 100単位を加算 <その他>
*イの場合、喀痰吸引加算1人一日当たり100単位を加算
*ロの場合、90日以上利用減算×80/100
1時間以上
1時間30分未満
125単位を加算
1時間30分以上
2時間未満
150単位を加算
2時間以上
2時間30分未満
175単位を加算
2時間30分以上
3時間未満
200単位を加算
3時間以上 250単位を加算

 

 

移動支援(四日市市)

 

※平成30年度中の経過措置

提供内容 30分未満 30分以上1時間未満 1時間以上1時間30分未満 1時間30分以上2時間未満
身体介護あり 256単位 405単位 589単位 672単位
身体介護なし 105単位 199単位 278単位 348単位

 

提供内容 2時間以上
2時間30分未満
2時間30分以上
3時間未満
3時間以上
3時間30分未満
以降30分を増すごとに
身体介護あり 755単位 839単位 922単位 83単位
身体介護なし 30分ごとに70単位増加

 

 

移動支援(四日市市)

基本部分 移動区分Ⅱ 移動区分Ⅲ
移動区分Ⅰ 30分未満 184単位 +20/100 +40/100
30分以上1時間未満 291単位
1時間以上1時間30分未満 420単位
1時間30分以上2時間未満 484単位
2時間以上2時間30分未満 547単位
2時間30分以上3時間未満 610単位
3時間以上3時間30分未満 673単位
以降30分を増すごとに +63単位

 

※サービス提供時間数は、実際にサービス提供に要した時間ではなく、居宅介護計画に位置づけた時間数によるものとします。なお、計画時間数と実際にサービス提供に要した時間が大幅に異なる場合は、居宅介護計画の見直しを行ないます。

 

※市町が2人派遣を認めた場合は、利用者の同意のもとヘルパー2人を同時派遣しますが、その場合の費用は2人分となり、利用者負担額も2倍になります。

 

※利用者の体調等の理由で居宅介護計画に予定されていたサービスが実施できない場合、利用者の同意を得てサービス内容を変更することができます。この場合、のんきじるしは変更後のサービス内容と時間により利用料金を請求いたします。

 

 

加算項目

提供時間帯名 早朝 昼間 夜間 深夜
時間帯 午前6時から
午前8時まで
午前8時から
午後6時まで
午後6時から
午後10時まで
午後10時から
午前6時まで
加算割合 100分の25 加算なし 100分の25 100分の50

 

加算項目 単位数 算定回数等
緊急時対応加算 1回につき
100単位

居宅介護は身体介護に限る。

1回の要請につき1回、利用者1人に対し、
1月に2回を限度とする
初回加算 200単位 初回月、1回のみ
福祉専門職員等連携加算 564単位

90日の間3回を限度

喀痰吸引等支援体制加算 100単位 1人1日あたり100単位を加算
利用者負担上限額管理加算  150単位 月1回を限度

 

※緊急時対応加算は、利用者様やそのご家族等からの要請を受けて、のんきじるしが居宅介護計画の変更を行い、ヘルパーが居宅介護計画において計画的に訪問することとなっていないサービスを緊急に行った場合に加算します(対象となるサービスは、身体介護に限ります)

 

※初回加算は、新規に居宅介護計画を作成した利用者に対して、初回のサービス提供と同月内に、のんきじるしが、自らサービス提供を行う場合又は他のヘルパーがサービス提供を行う際に同行した場合に加算します。

 

 

利用者負担額及びその他の費用の支払い方法について

利用者負担額及びその他の費用について、サービスを利用した月の翌月15日までに利用月分の請求書をお届けします。サービス提供の記録と内容を照合のうえ、請求月の30日までにお支払いください

お支払いを確認しましたら、必ず領収書をお渡ししますので、保管をお願いします。

また、介護給付費等について市町村より給付を受けた場合は、受領通知をお渡ししますので、必ず保管をお願いします。

 

※利用料、その他の費用の支払いについて、支払い能力があるにもかかわらず支払い期日から3月以上遅延し、故意に支払いの督促から10日以内にお支払がない場合には、契約を解約した上で、未払い分をお支払いただくことがあります。

 

※移動支援サービス提供に伴う下記の実費については、当日ご用意ください。

  1. サービス提供中に利用する公共交通機関等の交通費

  2. サービス提供地域以外の地域へのサービス提供について、ヘルパーがお伺いするための交通費や、ヘルパーのみで帰所するための交通費

  3. 映画鑑賞等、支援にあたりヘルパー分の入場料等が発生する外出の費用
    結婚式、コース料理の外出支援等、1500円以上の食事代が支援上必要な際は、1500円(税込)を超えた料金は利用者負担となります。

 

 

お問い合わせはこちら