ブログ記事

スタッフブログ

トップ > スタッフブログ > 後顧の憂いはお早目に

後顧の憂いはお早目に

こんにちは、元気じるし事務局です。

梅雨前線も本気を出し始めたと思ったら、台風の接近もあったりと、週末に向けての気象情報は勿論、頻発しております食中毒や熱中症にも注意が必要ですね。

 

さて先日、ご利用者様から委任契約、任意後見契約ならびに遺言書作成のご依頼をいただき、そのお手伝いをさせていただきました。

身内の方がいらっしゃらないため、ご自身の終活において、最大のご懸念がこのこと。

一連のお手続きが終わった際に、「これでやっと安心できました。」と大変ホッとされており、当社といたしましても、お役立てさせていただいた安堵と同時に、身罷れた後の責務に、改めて身が引き締まる思いがいたしました。

 

後顧の憂い、頭に引っ掛かっているも、中々、それと向き合えていない方が少なくないと伺っております。

憂いを無くすのに、早いに越したことはありません。

 

当社では、エンディングノートの活用などにより、「これからの不安」を顕在化しながら、時系列化と優先順位付けをし、それらに対する最善の解決を見出していくことで、終活を実りある有意なものとしていくサポートをさせていただいております。

 

「これから」を考えた際、どこかしらもやもやしているようでしたら、お気軽にご相談下さい。

 

公証人

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら