よくある質問

トップ > Q&A

どのような効果が、期待できますか?

マッサージ効果など様々な効果があります。
●マッサージ効果 血液やリンパの循環を促進し、筋肉をほぐし痛みや麻痺の症状を和らげます。また、筋肉をほぐす事で強張った関節の稼動範囲の拡大がのぞめます。 ●...続きを読む

1回の施術にかかる時間は?

1回につき20分〜30分くらいが目処です。
その時間内に患者様の体調やご希望に合わせたマッサージ・リハビリ・機能回復訓練を行います。

費用はどれくらいかかりますか?

大体200円〜600円程度です。
患者の症状や訪問場所にもよりますが、1割負担の方で1回の自己負担額は往診料込みで200円〜600円程度です。

医師の同意とはどのようなものですか?

医師の同意があったことを証明する同意書が必要です。
脳血管障害後遺症(脳梗塞・くも膜下出血等)、パーキンソン病、筋麻痺、開節拘縮、杖や押し車がないと歩きにくい方、日常生活を1人で全てする事が困難な方などが、医師の...続きを読む

医療保険と介護保険はどうちがうのですか?

医療保険は後期高齢者医療保険・国民健康保険・協会けんぽ・共済組合保険の事です。
後期高齢者医療保険・国民健康保険・協会けんぽ・共済組合保険は介護保険ではありませんのでヘルパーさんやデイサービス等の介護サービスを受けている方でも限度枠を気にせ...続きを読む

自筆の遺言書と公正書の遺言書があると聞きましたが、違いを教えてください。

本人が自分で全て手書きした遺言書と本人が公証人役場に行って、証人2人以上の立ち合いのもと書かれた遺言書の違いです。
遺言書にはどんな種類があるのか? 遺言書には、大きく分けて3つの遺言書があります。自筆の遺言書と公正書の遺言書の他に秘密証書遺言というものがあります。それぞれ...続きを読む

遺族で遺品整理をする際に注意すべきことはありますか?

ご遺族で遺品整理をする上で、後悔しないための遺品整理の手順をご紹介します。
後悔しない遺品整理とは? ご遺族で遺品整理をする上での手順をご紹介します。   1.遺言書・エンディングノートを確認する 遺品整理をするためにも取り掛...続きを読む

遺言を公正証書遺言として残そうとおもっていますが、必要な書類と費用について教えてください。

公正証書遺言を作成する際に必要な書類と必要な費用についてご説明致します。
公正証書遺言作成時に必要な7つの書類 遺言する人の実印と印鑑証明書。 相続人財産をあげる場合は、その関係が分かる戸籍謄本。 相続人以外に財産をあ...続きを読む

遺言書を作成した親が認知症であっても、遺言書の内容は有効になりますか?

遺言者が認知症のケースは、具体的に判断されるため一概に有効、無効とは言えません。
遺言書の有効・無効の判断はどのようにされるのか? 遺言書が有効か無効化の判断は、様々な要因を考慮されますが、一番の判断材料とされるのが遺言書作成時に遺言者ご本...続きを読む

遺言書を遺しておいた方が良いのはどんな時ですか?

遺言書は必ず遺さなくてはいけないものではありませんが、遺しておくと良いケースもございます。
遺言書を遺しておいた方がいいケースとは? 相続が発生した際に、相続人間で話し合いが行われることになりますが、親族が関わることがほとんどです。しかし、相続人の間...続きを読む

1 / 3123

お問い合わせはこちら