よくある質問

トップ > Q&A > エンディングノート > エンディングノートを作成するメリットはなんですか?

エンディングノートを作成するメリットはなんですか?

エンディングノートを作成するメリットは様々ございますので、主なものをご紹介致します。

エンディングノートを作成する3つのメリットとは?

近年では、介護や葬儀・お墓に関しても選択の幅が広がっているため、本人の意思が分からずご家族が困るケースが多いと聞きます。
エンディングノートに記載しておくことで、自分の思いも反映されご家族も助かります。将来の備えをすることでエンディングノートを書く前より安心して暮らせるようになったという声をたくさん聞きます。

 

1. ご本人に万が一のことがあっても、家族の負担が軽減される

よく耳にするのが、ご本人が亡くなった後で、故人の方が「どんな保険に加入していたのか」「お墓はどうしたいのか」「葬儀はどのようにしてほしいのか」などが分からず困ったという内容が多いです。しかし、エンディングノートがあれば貴重品の保管場所やお墓・葬儀の要望なども記載する項目に含まれていますので、ご遺族が悩むことなく手続きや葬儀などを行なうことができます。

 

2. 家族に自分の想いを伝えることができる

なかなか普段言葉にして伝えにくい感謝の気持ちなどをエンディングノートに記載することができるので、家族への想いやメッセージを残すことができます。

 

3. 自分の人生を振り返る転機となり、作成後より充実した日々が送れる

エンディングノートに、自分の人生を振り返りながらどんな場所へ行ったことがあるのか、何を得ることが出来たのかなどを順に記載していきます。
全てを記入しなくてはいけないわけではないので、分かる範囲で記入します。次第に、自分の経験したことでもう一度したいと思うことや、経験できていなくて必ず実施したいことは何かなどを記載することで、今後やりたいことや自身の目標を立てるきっかけにもつながります。

 

エンディングノートという言葉だけを聞くと、人生の終わりについて考えたり準備するイメージが強いかもしれませんが、もちろん何かあった時の準備も含まれていますが、一番のメリットは自分の今までの人生を振り返ってみて、今後をより良く生きるためのものです。震災などがあってからは、高齢の方だけでなく若い世代の人もエンディングノートを活用される人が増えています。お誕生日や新しい年を迎えた時など、小さな区切りに書いてみるのもおすすめです。

 

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら