よくある質問

トップ > Q&A > エンディングノート > エンディングノートを書いておくと、どのような時に役立ちますか?

エンディングノートを書いておくと、どのような時に役立ちますか?

どのようなときにエンディングノートが必要になるかを下記にご紹介致します。

終活の全てが分かるエンディングノートとは?

エンディングノートは、別名もしもノートと言われるように、ご自身に万が一のことがあった際にご家族や大切な方々へ自分の情報を伝えるノートのことです。
従来は、高齢の方が自身の人生の終わりに備え、葬儀やお墓などについて書くノートというまさに「終活」のイメージでしたが、現在は高齢の方に限らず生きている間にもしものことが起こった時に役立つようにとエンディングノートを活用されている方が増えています。

 

エンディングノートが必要になる時とは?

  • ご家族が急に入院した時。
  • 相続が必要になった時。
  • 日常生活で困った時。

など今日からでも必要な情報を書いておくと、とても役立ちます。

 

エンディングノートを書くことで、自身の人生を振り返ることにもつながります。自分の思いや希望を自由に書くことができます。そのため、自分がしたいと思っていた夢ややりたいことを思い出し、その後の人生が充実した方や不安だった葬儀のことなどを決めたら安心して過ごせるようになったという方も多くいらっしゃいます。

エンディングノートを活用し、前向きに終活を行うことで「もしもの時に、まわりに迷惑をかけることない」と思えることで、残りの人生をより有意義に過ごしていただけると思います。


また、エンディングノートを書き始めた際には、

エンディングノートの存在を自分の大切な人に知らせておきましょう。

ご家族に限らず友人など、自分にとって大切な方にエンディングノートの存在を理解し、作成者の思いを組みとってくれる方にお願いすることをおすすめします。

せっかくエンディングノートを作成したのに、存在に気づいてもらえないとせっかく家族に残した想いや満足のいく終わりを迎えることができなくなってしまいます。ご自身の人生をよりよく送るためとより良い形で終わらせるために使用してください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら