ブログ記事

お知らせ

トップ > お知らせ > 元気じるし『笹川BASE』オープニングセレモニー

元気じるし『笹川BASE』オープニングセレモニー

こんにちは、元気じるし事務局です。

穏やかな日差しの中、ここ当地四日市の桜は軒並み満開を迎え、コロナで花見は自粛ムードながら、その花弁は春の薫風を纏い蒼天へと見事に散り乱れ、特に海蔵川、阿倉川の桜並木は、川面を桜色に染め上げるなど、ほれぼれするような春の景勝が広がっております。

 

昨年はコロナの中、発信を自粛するなどしておりましたが、我々『元気じるし』一同、本日もコロナ対策含めた万全の体制で元気に見守りさせて頂いております。

 

さて、久々のブログとなりました、今回。

このような春の良き日に、同じく四日市市笹川町に当社の第2拠点となります、『元気じるし 笹川BASE』のオープニングセレモニーを開催させて頂きました。

 

 

本来であれば、お世話になった皆様にご案内差し上げるのが本義ではありますが、このような状況下でございますので、近隣の方々やご利用者様などごく限られた方々にお立会いいただき、アットホームなセレモニーとさせていただきました。

お忙しい中、御足労頂き誠にありがとうございます。

 

当施設の簡単なご紹介をさせていただきます。

所在地:四日市市笹川9丁目13-16 

T E L :070-77807167(直通)

 

【1階部分(通称:のんきびより)】

強度行動障害のある成人のご利用者し様向けのデイサービスです。広々とした洋室、和室を組み合わせたアメニティ豊かな空間がここにはあります。

定員は6名と、従来型のデイサービスの定員20名に対して小規模ながら、専門の研修を受け、豊かな経験を有するプロスタッフの目が常に行き届く中で、お一人お一人へのきめ細やかなサービスを実現いたします。

 

【2階部分(通称:こころみるーむ)】

障害のある方が「一人暮らし」を『こころみる』ための空間です。ビジネスホテルのような個室が割り振られており、ヘルパーがマンツーマンで一人暮らしを支援いたします。

「親亡き後」は、障害のある方にとって非常に切実な問題です。親心として、自身が先だった後も、残された我が子が、住み慣れた街で幸せに暮らしてほしいと思うのは疑いようがありません。そうしたご両親の思いと、ご本人のこれからを一緒になって支えていくのが、この『こころみるーむ』です。

このような取り組みは全国でも事例が少なく、また、三重県では初めてのものであることから、当然、私共にとっても『こころみ』でもあります。

ご利用者様やご家族の幸せな未来を実現していく一助となるべく、スタッフ一同、常に学び、考え、動き、耳を傾け、話し合い、ご利用者様の立場に立ったサービスの向上に努めてまいります。

 

私共がこうして『笹川BASE』の開所を迎えられたのは、ひとえに、ご利用者様はじめご家族の皆様、関係者の方々に、創業からの当社の理念、活動、サービスをご評価いただいたからであり、この感謝の気持ちは筆舌につきません。

今後とも、飽くなき企業努力を重ね、他社に類することない当社ならではのサービスの提供と妥協なき改善を続けてまいります。

 

どうぞ、『元気じるし』を引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら